快適空間

日本の気候に合う

ベッド選びに迷ったなら

ライフスタイルの変化によって、日本では和室から洋室での生活をすることが多くなりました。この変化によって、就寝時に利用する寝具が布団からベッドへと移り変わっている傾向があります。このベッドの購入にあたって、どのようなベッドを購入するのかに迷っている方にオススメとなっているのが、すのこベッドというアイテムです。すのこベッドとは、文字通りベッドフレームがすのこ状になっている通気性の非常にいいベッドとなっています。これによって、湿度の非常に高い時期がある日本でも、湿気に悩まされることなく、ベッドを利用することが可能となるのです。就寝時にはそれでなくても大量の汗をかくことになるため、通気性の良さを確保することは、欠かせないことなのです。

日本の気候にぴったりのアイテム

すのこベッドを利用するメリットとしては、やはり通気性のよさといった点は見逃せないポイントとなっています。一般的なベッドを利用していた場合、ケアを怠ったためにベッドマットの裏がカビだらけになってしまったなどといったことが、しばしば起こりえるものとなっていますが、すのこベッドであれば、そういった心配をする必要性を大幅に減らす事が可能となるのです。またすのこベッドは、そのフレームに桐材などを用いているアイテムを見つけることができるのも見逃せないポイントとなっています。桐材を用いることで、非常に軽いベッドの実現が可能となるため、力がない方でも簡単にベッドの移動が可能となるのです。これは掃除などをする際に、大きなメリットとなります。

増える需要

インターネットが普及したことで、通販で多くのすのこベッドを探すことができます。すのこベッドの機能性が見直されたことで、人気が高まってきています。これから主流になる可能性も高いです。

詳細を確認する

特徴

すのこベッドの特徴を知ることで、その魅力を知ることができます。すのこベッドの特徴として、省スペースで低価格という点があります。素材は木材なので、持ち運びもしやすいです。

詳細を確認する

種類

一口にすのこベッドと言っても、様々な種類があります。自分のライフスタイルを考えて、それに合ったすのこベットを購入することで、快適に使用することができます。布団が干せるタイプのすのこベッドもあります。

詳細を確認する

自分で作る

すのこベッドの人気が、徐々に高まってきていて、通販でも多数販売されています。すのこはホームセンターなどで簡単に手に入るので、自作するという方法もあります。ポイントを抑えて、自作すのこベッドを完成させましょう。

詳細を確認する

選び方

すのこベッドを選ぶ時には、様々なポイントがあります。デザイン性、価格も重要ですが、木の材質が重要になります。すのこベッドの材質は、大別して、桐、パイン材、杉、檜の4種類です。

詳細を確認する